僧侶×写真家 高橋直暉 公式サイト

プロフィール

ホーム > プロフィール > 高橋直暉

高橋直暉

高橋直暉

1998年4月8日福島県福島市生まれ。
幼少期より昆虫を飼育、観察しているうちに
生きている美しさを感じそれを
ありのままに記録するため写真を始める。
2017年に日本大学芸術学部写真学科へ。
2020年から大学を一旦休学し修行の道へ入る。
2021年3月に高野山専修学院を卒業してからは
「僧侶」としての自分、「写真家」としての自分を大切にし、
昆虫を通じて人間の社会とを照らし合わせることを
モットーに日々撮影を続けている。

日本大学芸術学部写真学科卒
現在 高野山真言宗 総本山金剛峯寺奥之院 勤務

資格 高野山真言宗僧侶 僧名 尚暉(しょうき)
自坊 高野山真言宗
準別格本山 奥羽高野山 極楽寺
所属 SSP(日本自然科学写真協会)会員
PSJ(日本写真協会)会員
福島県写真連盟会員
受賞歴 日本大学芸術学部写真学科学生選抜作品展
「GRIP」2018、2019選出
エプソンフォトグランプリ2019学生部門
審査員賞
第8回「大好きなふくしまのまち」写真コンテスト
奨励賞
第48回、49回福島県写真展入選
福島民報社・解放日報社
日中友好青少年写真展入選
海外渡航歴 カメルーン
フィリピンルソン島
マダガスカル
インドネシア西パプア
展示歴 初個展「いのち−生かし生きる−」2022年7月7日〜13日
若手写真家応援プロジェクト
「プロキオン・フォース」に選出され
アイデムフォトギャラリー「シリウス」にて開催